FC2ブログ

WITHOUT SOUNDS

グデグデと夜更かしがちな後追い探訪録

これさえ準備すればフジロックに行ける

この記事は「フジロックに行ってみたい」、でも「フジロックは雨対策やら色々準備が必要と聞いている」、そして「どこまで準備すればいいのかイマイチ分からない」という方に向けて書きます。さらに言うと自分は普段外でない民なので、体力低めの方向けかもしれません。
 

BUCK-TICKに突然ハマった人の話

俗に、あるいは大雑把に"V系"と呼ばれている(過去形含む)存在や音楽性に、俄かに再び注目が集まっている。X JAPANはついにアメリカ最大の音楽フェスのひとつCoachella Festivalに出演したし、書籍『すべての道はV系に通ず』も刊行された。
ヴィジュアル系がカッコ悪かった頃 <前編>
特に上の記事は後追い勢には伝わって来ないリアルタイム感が新鮮で、本項の主人公にも繋がる内容なのでイントロダクションとして是非読んでみてほしい。

影響源の興隆を世界的に見ても、The Cureは相変わらず世界のフェスのヘッドライナー(またフジにも来てくれますね!)、そして「Goth(ic)」が若者の間で新鮮に取り上げられているのも時折見かける。

そう、今こそ"V系"にまたスポットを当てるべき時なのだ――


というのは

対外的に拵えた

前口上で……。



BUCKTICK2019-min.jpg
個人的に、この2019年に、何故か突然、今まで全く聴いてこなかったBUCK-TICKにハマった。激ハマりである。せっかくSNSの影響を追い風、サブスクを片手に新譜 = リアルタイムも追っていこうと意気込んでいた所、この3ヶ月くらいマジで8割方BUCK-TICKしか聴けていない(楽しい)。

世代がかすっていないこともあり、正直、バンド名を認知しているだけで印象はほぼなかった。「LUNA SEAより前、X JAPANと同じくらいのV系草分け」、あとは何曲かアニソンやってたよね程度。なので最初は「ラルクやLUNA SEA好きだし一応きいとこ」って思い付きで手にとって、印象も「源流の一つだなぁ、曲調も色々やってんなぁ」位のものだった。だけども聞き流しているうち、NWとゴシックに微グラムロックと歌謡が基本ではあるが、一概にそう丸められない変な楽曲が多いことに気づき始め、作を追うほど余計に得体が知れなくなっていく感覚にドロドロとのめり込んでいってしまった。何より門外漢として一番驚いたのは、BUCK-TICKが今でも"アルバム"レベルで現役バリバリなことだ。ライブのセットリストも常に最新作の提示で、"あの頃"的享楽は全然ない。ファンや全盛期を知る方には今更だろうが、ロックバンドの理想そのものでビックリした。


調べたら、ボーカルの櫻井さん(以下全て敬称略)はDavid Bowieを敬愛し、ソロのカバー選曲からしてガッチガチのゴシック好き(記事リンク→バウハウスやデッド・カン・ダンスからマンソンにホラーズまで、THE MORTALに通じるさまざまなゴシックな作品たち)、メイン作曲の今井はYMOBauhaus、星野はThe Cure『The Head Ob The Door』、Ultravox『Vienna』、Radiohead『The Bends』をフェイバリット※1に挙げ、そこに「おれ沢田研二さんも好きで……」「The Policeのベースすき」「BOOWYの『INSTANT LOVE』大好き」みたいな、世代以外の要素で括れないよく分からない集団を、30年間同じ釜で闇鍋熟成しているバンドである。得体知れる訳、面白くない訳がなかった。
※「別冊カドカワ総力特集BUCK-TICK」より。この選盤友達になりたさ凄い。


というわけで今回は、その魅力を伝える!というほどは文才的に意気込めないけども、自分の後追い日記とともに、オススメ曲の紹介で、誰かも興味湧いたりすれば、みたいな気持ちで更新します。



【年間ベスト】2018年の個人的な35枚

2018年ももう終わり、今年も年間ベストを発表したいと思います。ちなみに前年はこんな感じでした。
【年間ベスト】2017年の個人的な50枚 前半 (50→26位) - WITHOUT SOUNDS

そして今年は就寝ベストなんてのも作っていたり。
【年間ベスト?】2018年の個人的な就寝時ベスト9 - WITHOUT SOUNDS

いつもどおり、「このシーンを追った」とか「統括」「トレンド」みたいな視点はないです。形式上ランキングですが順位に意味もそんななく、つまり単に個人のメモ。ただ、コレ再生してみようか、もう一度聴いてみるか、ってなったりすれば幸いです(いつもの)。

今年は35枚選びました。
2018_2-min.jpg  2018_1-min.jpg

※大半のジャケットはAmazonに飛ぶので(貼るのが楽だから)気になる方はご注意。
※読みながら聴けるかなーと、時々bandcampやSpotifyリンクを埋め込んでみてます。


それでは。


【年間ベスト?】2018年の個人的な就寝時ベスト9

かなり久々の更新となってしまいましたが、せめて年末のアレは、と言うところでその前にまずはこんな謎企画から。

自分が音楽を聴くのは大体「通退勤」「外出」(←イヤホン)、「休日に部屋で」(←オーディオ)、そして最後が「就寝時」(←スピーカー)でして。昔から、とりわけ寝る時に聴きたくなる音楽に深い愛着がありました。なので今年は、いつもの年ベス前にこんな選出もしてみたいなと思った次第です。特に内容もなく、寝る時聴くやつってかなり個人差あって(そもそも聴かないって人も多いだろうし)あまり参考にならないと思いますが、まぁ、寝れない時にでも暗い部屋で一人スマホからどうぞ(←)。

a2018sleepBest-min.jpg
順不同で9作。
自分の一年、というか毎日を綴じてくれた音楽に感謝こめて……。
一番「読みながら再生」しやすい気がしたので、基本bandcamp、なければSpotifyでリンクはりました
念のため書きますが「眠れる(ほど退屈)」みたいな皮肉的意味合いは一切なく100%ポジティヴな選出です


 

Diary #FUJI ROCK FESTIVAL'18 7/29(Sunday) 感想

前回に引き続いて。
Diary #FUJI ROCK FESTIVAL'18 7/28(Saturday) 感想

最終日が一番元気だった、そうつまりは「無理せず早めに帰ってちゃんと寝よう」ってことなんよな、学んで池。

そして「浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS」を見逃すという致命的なミスでスタートだ。新譜 + オールタイムセレクションだったってのに。