WITHOUT SOUNDS

グデグデと夜更かしがちな後追い探訪録

CategoryR.E.M 1/2

R.E.M. / Document (1987) 感想

No image

Document(1998/01/27)R.E.M.商品詳細を見る安うぇぇ。それはもうとにかくとして、このジャケットは結構好きだ。赤(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラック01. Finest Worksong – 3:4802. Welcome to the Occupation – 2:4603. Exhuming McCarthy – 3:1904. Disturbance at the Heron House – 3:3205. Strange (Wireのカバー) – 2:3106. It's the End of the World as We Know...

  •  0
  •  0

R.E.M. 玉手箱リリース時あたりでのフルライブパフォーマンス

No image

初期R.E.M.の魅力と勢いの詰まった素晴らしいライブ映像があったので載せます。最初は微妙な反応だった観客が徐々にノってきて、最後は歓声に包まれるという様は見てても楽しいです。一曲目こそ変化球ですが、何だったら二曲目のハーバーコートからでも。「似たような曲連発しながらそのテンションを上げていく」というのはミッシェルに対するライブ評ですが、このライブもそれは同じで、要は良いバンドが自分たちのやりたい音楽を...

  •  0
  •  0

R.E.M. / Lifes Rich Pageant (1986) 感想

No image

Lifes Rich Pageant(1998/01/27)R.E.M.商品詳細を見る今作のジャケは中々好き。嫌みのないオシャレな感じで味がある。赤(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラックトラックリスト01. Begin the Begin – 3:2802. These Days – 3:2403. Fall on Me – 2:5004. Cuyahoga – 4:1905. Hyena – 2:5006. Underneath the Bunker – 1:2507. The Flowers of Guatemala – 3:5508. I Believe – ...

  •  0
  •  0

R.E.M. / Fables of the Reconstruction (1985) 感想

No image

フェイブルズ・オブ・リコンストラクション(玉手箱)(1998/09/23)R.E.M.商品詳細を見るまた微妙なジャケ。なんでこう絶妙に自分の「これ良いね」センスをすり抜けて行くのか赤(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラックトラックリスト01. Feeling Gravitys Pull – 4:5102. Maps and Legends – 3:1003. Driver 8 – 3:2304. Life and How to Live It – 4:0605. Old Man Kensey – 4:0...

  •  0
  •  0