WITHOUT SOUNDS

グデグデと夜更かしがちな後追い探訪録

CategoryThe sea and Cake 1/2

音響派?ポストロック?シカゴの無国境バンド「The Sea and Cake」のオススメ

(2016/11/15に内容を更新しました)The sea and cakeの個人wiki的な紹介記事第一弾。画像出典・http://holdmyticket.com/event/119325ザ・シー・アンド・ケークは、1994年に活動を開始した、トータスらとともにThrill Jockeyをさりげなく代表する、シカゴの……不思議なバンドです。彼らの音楽をジャンル分けするのは割に難しい。インディロック、あるいはポストロックに括るか。はたまたポストジャズ?エレクトロニカ?ライト、ソフ...

  •  2
  •  0

Sam prekop / Sam prekop (1999) 感想

No image

サム・プレコップ(1999/01/21)サム・プレコップ商品詳細を見るジャケがまた良いんだなぁ。アートワークもサムが手がけています。赤(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 、斜体はシングル曲、下線は個人的なベストトラックトラックリスト01. Showrooms – 4:2202. The Company – 4:1703. Practice Twice – 4:0604. A Cloud To The Back – 3:5605. Don't Bother – 5:2106. Faces And People – 7:0007. On Such Favors – 3:4008...

  •  0
  •  0

The Sea and Cake / oui (2000) 感想

No image

oui(2000/09/06)ザ・シー・アンド・ケイク商品詳細を見る最高傑作との呼び声も高い5th。旅先から送られたポストカードの様なこのジャケ、好きです赤(佳曲)<太字(好み)<普通 赤太字は名曲 灰色は好きでない、下線は個人的なベストトラックトラックリスト1. Afternoon Speaker 2. All The Photos 3. You Beautiful Bastard 4. The Colony Room 5. The Leaf 6. Everyday 7. Two Dolphins 8. Midtown 9. Seemingly 10. ...

  •  0
  •  0

The Sea and Cake / Car alarm 全曲レビュー

No image

01. Aerial - 4:18 およそ15年目のバンドとは思えない若々しいライトロックナンバー。ポップで印象的なイントロから最後まで、一気に走りぬける。ストレートなアプローチをするギターに対しての、ベースの気の配り方が素晴らしい。ただ一つ我儘を言わせてもらえば、フェードアウトではなくジャーンで終わらせてほしかった。といっても一曲目であること、この曲の魅力を考えれば大した問題ではない。02. A Fuller Moon - 4:08 こ...

  •  0
  •  0