WITHOUT SOUNDS

グデグデと夜更かしがちな後追い探訪録

CategoryArto Lindsay 1/1

ARTO LINDSAY JAPAN TOUR 2017 @渋谷WWW ライブ記

No image

アート・リンゼイの2017年来日ライブに行ってきました。今年初めにリリースされた『Cuidado Madame』に伴うツアーですね。ソロ名義10年ぶりの新作は長い空白を一気に埋めた傑作でした。特に素場らしかったのは、ソロキャリアで模索していたプログラミングによるビート志向が、新世代ミュージシャンの参加によって、ブラジルの民族リズム・昨今のジャズと融合を果たした点です。生楽器の要素が強まり、一気に若返りモダン化したバン...

  •  0
  •  0

アート・リンゼイはノーウェーブ/ジャズ/ブラジル/オルタナを渡り歩き続ける オススメアルバム、名盤

ニューヨーク出身ブラジル育ち。「ノー・ウェーブ」と「ニュー・ウェーブ」の両方に属した稀有な人物。また、パンク・カルチャーを受けて古典的なジャズ界にカウンターをうった「フェイク・ジャズ」に関わり、ソロ・ワークスでは「ブラジル音楽(MPB)」に対して、自身が通過してきたアバンギャルド、ジャズに加えて「打ち込み」「エレクトロニカ」「グリッチノイズ」といった要素を取り込むことで、時代の一端に共振しながら現在も...

  •  0
  •  0

Arto Lindsay / Cuidado Madame (2017) 感想  ノーウェーブ、ブラジル音楽の証人が立ち会わせた2017年

タイトルはブラジルのニューシネマ映画から、アートワークはタイの現代美術家からとのこと。国内盤のライナーノーツは人名、単語の解説が参考になりました。赤>太字(良い)>黒 、赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラックトラックリスト01. Grain By Grain 02. Each To Each 03. Ilha Dos Prazeres 04. Tangles 05. Deck 06. Vao Queimar Ou Botando Pra Dancar 07. Seu Pai 08. Arto Vs Arto 09. Un...

  •  0
  •  0