WITHOUT SOUNDS

グデグデと夜更かしがちな後追い探訪録

Craft spells / Nausea (2014) 感想 ~休日まどろんだ時はコレ

最近は本当アーティストのレベルが高いですね。ちょっと漁るだけでも素晴らしいのがボコボコでてきて逆に複雑です(←)。今作も自分は全く知らないバンドだったのですが、一発で気に入ってしまいました。


ノージア (NAUSEA)(日本先行発売/直輸入盤帯ライナー付国内仕様)ノージア (NAUSEA)(日本先行発売/直輸入盤帯ライナー付国内仕様)
(2014/05/31)
クラフト・スペルズ、CRAFT SPELLS 他

素敵なジャケだが、国内盤の帯に表題の直訳「吐き気」表記は要らなかった…。吐き気て!

(凄く良い)>太字(良い)>普通 赤太字は名曲 、斜体はリードトラック、下線は個人的なベストトラック

トラックリスト
01. Nausea
02. Komorebi
03. Changing Faces
04. Instrumental
05. Dwindle
06. Twirl
07. Laughing for My Life
08. First snow
09. If I could
10. Breaking the Angle Against the Tide
11. Still Fields (October 10, 1987)

収録時間 40:14

総評・★★★★
お昼時に聴きたい 眩い夢心地ポップス

Craft SpellsはUSインディの注目レーベルCaptured Tracks所属の若手バンド(前回取り上げたMac DeMarcoさんと同じですね)。11年に1stをリリースし、今作が2ndとなります。まずはこの音楽に着せられた形容たちを紹介しましょう。「ドリームポップ」「ネオアコ」「メランコリック」「インディポップ/ロック」「ノスタルジック」…はい。中々多種多様な感じです。自分としてはドリームポップに影響を受けたポップミュージックが一番しっくりきます。解説ではFelt、Wild NothingやReal Estateが引き合いに出されており、そこらへんに引っかかる方も要チェック、ですね。

ドリームポップってどうしても似た雰囲気の曲が固まるので、アルバム一枚聴かしきるのが難しいです。が、今作の楽曲陣は地のメロディの良さに、ストリングスやメロトロン・パーカッションやピアノの絶妙な味付けが加わり、40分をしっかり聴かし切る。一曲一曲にしっかり違うアイデアがくみ取れ、キャラ立ちしてるのが素晴らしい。歌メロ1つのミニマルすぎる曲展開も目立ちますが、インスト部の鳴りがメロに全くヒケをとっていないので気になりません。むしろそのインスト部分が曲一番の魅力だったりするほどで、そこがスゲー好きです。

ベストトラックは表題曲の一曲目。今作に関しては、眩くまどろむこのイントロにピンとくるかこないかに尽きる気がします。いわゆるシングル的な派手さを持つ曲はないですが、全体を包む雰囲気こそが最大の魅力。ちょっとノスタルジー、どこかセンチメンタルな音が至高です。前記事のSalad daysがダメな休日だとしたら、これは結構いい感じの休日に合う音楽でしょう(何を言ってるんだ)。心地よく、良い気分で寝れそう。ギターロック感が強いという1stも是非ともチェックしたいっす。

Nausea→Komorebi→Breaking the Angle Against the Tide
ドリームポップ、ワビサビ曲→抒情派ギターチューン…みたいな取り合わせ。にしても一曲目のコーラス部のコード感覚は不思議。ギターを封印、ピアノで作曲した成果が如実に出てるのではないでしょうか。二曲目はイントロもそうですが2分ごろからの間奏が地味に最高です。三曲目は初期Felt感に疾走感を足した感じで素敵。途中から入るストリングスもベタながら良い味。


NauseaNausea
(2014/06/10)
Craft Spells

商品詳細を見る

国内版は帯と解説付きで、ボーナストラックと対訳はなし。どちらを選ぶかは人によるって所でしょうか。
関連記事